日経225mini 複利運用バージョン開始(R5.12月開始)

※この記事は、複利運用バージョンの運用開始前に掲載したもので、令和5年12月1日に運用を開始しています。

複利運用バージョン開始とタイトルを付けましたが、新たな手法による運用ではないです。
現在公開している、4つの寄り引けトレードによる売買シグナル(サイン)を基にした複利運用バージョンです。

投資仲間との会合で、私の売買シグナル(サイン)について、『4つのシステムによる分散投資はいいが、仮に資産が増加した場合に複利運用的に枚数を増やさないのか、その辺りが分かりづらい。』との指摘を受けました。

私としては、投資金額(枚数)は、あくまでも個々人の判断によるものだと考えていますし、そもそも当サイトの売買シグナル(サイン)は私の投資動向を記録公開しているだけであり、閲覧者の方に投資助言的なことはできません。

とはいえ、実際、一定程度の資金増加の都度、取引枚数を増やすという複利的な運用ができるのであれば、資金増加は加速度的に高まるのも事実です。

そこで、この複利的運用をした場合にどうなるかを公開できるよう、現在、準備を進めています。

その際には、売買シグナル(サイン)は一つにする予定です。
一つにしますが、基本は、現在公開中の4つの売買システムを基にしますので、冒頭に書いた通り、新たな分析方法を取り入れるわけではないです。
ただし、例えば、4つの売買システムの売買シグナル(サイン)が「買い」「買い」「売り」「売り」となった場合、トータルで「見送り」になると思えますが、必ずしもそうならない場合があります。(4つの売買シグナル(サイン)を統合する際に、少しだけ別ロジックを加える予定です。)

次に取引対象銘柄ですが、他の売買シグナル(サイン)公開サイト様を拝見すると、ラージではなく、mini(ミニ)を対象に成績集計されているサイト様も多いことが分かりましたので、せっかくですので、この際、複利運用バージョンでは、mini(ミニ)の値幅で集計する予定です。

当初のスタートは、資金250万円、取引枚数(mini)5枚でスタートしようかと思います。

【運用方針】
250万円で5枚でスタートし、以後、証拠金が60万円増加するごとに枚数を1枚増加します。
そして、逆に枚数×値幅1000円(枚数×証拠金10万円)分損失したら、その時点での証拠金での適正枚数に減らします。
ちょっと分かりづらいですが、資金管理を確実に行うことを目的に、損失が膨らみ証拠金が減少すれば取引枚数は減らして、出直す感じです。
また、手数料を加味する必要が出てきますので、当サイトで紹介している、手数料が業界最安水準である松井証券の「一日先物取引」コースによる手数料で計上していきます。
サイト上では、証拠金がいくらになったら枚数を増やすor減らすという点を明示していきます。

※上記の運用方針をまとめると、下の表の様になります。
 (ただし、次の段階までの必要値幅には、手数料を考慮していません。)
※仮に参考にされる場合には、手元の証拠金に応じて枚数を検討されるのもいいかと思います。



現在の予定では、令和5年12月1日から公開開始として準備を進めています。
公開の際は、現在の売買シグナル(サイン)記事に含めます。

最後に、もちろん、閲覧者の方に対し、投資助言や売買の推奨・勧誘をする意図は一切ありません。
公開開始まで、今しばらくお時間をいただきますが、どうぞご期待ください。
松井証券の手数料等の取引条件は、下のバナーから公式サイトにてご確認ください。
松井証券

※※ブログランキング参加中※※
気が向いたら、下のバナーをクリック(タップ)してもらえると嬉しいです。
ブログランキング(にほんブログ村)ポイントが当ブログに加算され、ランクアップにつながります。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ