【日経225先物 寄り引けトレード】売買システムの運用実績(R4.12.25)

明日の週明けから、システムC、システムDについて、若干ですが修正を加えたシステムとして運用を開始します。
今回の修正によって、システムの根幹部分には手を入れていませんが、売買シグナル(サイン)の精度の向上を見込んでおり、システムAからシステムDまでの同時運用によって、一層の安定運用が可能となります。

それでは、各システムの実績をまとめた表を以下に掲載します。
なお、システムAとシステムBは、システムへの修正は行っていませんが、先週末までの成績に置き換えています。

無題
※2015年~2021年はバックテスト期間、2022年は私自身の実売買の結果となります。
※集計数値は、全て取引数量は1枚として集計しています。

このブログで公開している売買シグナル(サイン)は、4本値だけを分析材料にして、インジケーター分析や数値分析を行っている完全なるシステムトレードです。
構築した売買システムに、日経225先物、TOPIX先物、JPX日経400先物等の日中と夜間(ナイトセッション)の4本値を入力することにより、日経225先物の日中の売買シグナル(サイン)が算出されます。
自己紹介記事でも書きましたが、FXが主戦場とは言え、こちらの日経225先物の寄り引けトレードが安定運用できれば投資対象の幅が広がりますし、資産運用全体でのリスク分散になりますので、当たり前ですが、本気で取り組んでいます。

月単位ではマイナスのこともありますが、年単位でのプラスキープは最低条件だと思っています。
日経225先物の寄り引けトレードに興味のある皆さんに認めてもらえるよう、引き続き、頑張っていきます。
松井証券の手数料等の取引条件は、下のバナーから公式サイトにてご確認ください。
松井証券

※※ブログランキング参加中※※
気が向いたら、下のバナーをクリック(タップ)してもらえると嬉しいです。
ブログランキング(にほんブログ村)ポイントが当ブログに加算され、ランクアップにつながります。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ